アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
皮膚科クチコミアドバイス
ブログ紹介
皮膚科の選び方についてアドバイスしていきたいです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
薬の説明をしてくれますか?
皮膚科では外用剤と、場合によっては内服薬を 処方してもらいますが、 薬の説明をしてくれるかどうか、は皮膚科選びにおいて大事なポイントです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/12 13:37
診断名またはその原因を教えてくれますか?
皮膚科で病院を受診した時に意外に多いのが 「この薬を塗っておけば治るよ」。 診断名またはそれが起きた原因についての十分な説明が無く、 お薬だけ渡されてしまうというケースです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/05 11:23
にきびの治療で、皮膚科の良し悪しが分かる?
どこが良い皮膚科なのか、見分けるのって難しいものですが にきびの治療方法で見分けるのも、ひとつのテです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/23 10:36
治癒力を高める
皮膚科に限らず、どの病気でも自分の治癒力を高めて治す、 または予防することが大切だということが、最近クローズアップされてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/04 17:12
コスメ取り扱い
皮膚科でも基礎化粧品を扱っているところが増えてきました。 にきびや敏感肌のかたに、昔の皮膚科では「洗顔したら化粧水だけ」とか 「化粧なんてとんでもない」、「ワセリンを塗ればいい(ベタベタして使用感が悪いのに・・・)」なんて 言われることが多かったようですが、最近はそうではありません。 基礎化粧品についても相談できる皮膚科が増えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/30 15:05
正しい治療法で傷を早く治す
ケガやヤケドなどで傷をつくってしまったとき、皆さんはどのように手当てされていますか? 今回は傷を上手に治す方法を御紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/27 15:24
皮膚科と形成外科
皮膚科や形成外科は頭に「美容」という言葉が付いて、いろいろな呼び方がされていますね。 きょうは、この違いについて説明しましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/24 17:29
皮膚科と泌尿器科
皮膚科と泌尿器科を一緒にやっているクリニックは結構あります。 実は昔、大学病院等でひとつの科として存在していたからなのです。 この二つが分かれたのはこの何十年くらいの間ことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/23 13:21
患部を触ってくれますか?
皮膚科では皮膚を触る「触診」を意外に重視しています。 皮膚の性状(表面の凹凸、水っぽさの程度)を測るためでも ありますし、 「できもの」の場合、それが皮膚の中でどの程度の大きさか ということや、皮膚の深部との結合の具合(”下床の可動性”と言います) を診ることもできるからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/16 15:54
ODT療法って?
ODTというのはオーバー・ドレス・テクニックの略でいわゆる密封療法ということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/10 18:28
ステロイド外用剤について
ステロイドが一時期「悪の薬」と言われていたころがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/08 16:53
水イボは取るべきか
「水イボ」って聞いたこと、ありますか? これは小さな子供にうつる事の多い、ウィルスによる イボの一種で、米粒の半分位の大きさで白くプックリした ブツブツが皮膚にいくつもできる病気です。 夏になると幼稚園や小学校でプールがありますので その時期になると、急いで治したいと皮膚科を訪れる患者さんが多いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/04 14:08
イボにスピール膏
ウィルス感染が原因のイボの治療として、 時々、スピール膏を使用しているかたを見受けます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/03 13:25
たくさん薬をくれる先生は
「たくさん薬を処方してくれる先生」と、「1回に少ししかくれない先生」と いるように感じますが、この違いは何なのでしょうか? 例えば湿疹ができて皮膚科に行ったとします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/02 13:32
外用剤をミックスして処方するのは
皮膚科で処方される外用剤は、チューブの薬以外にプラスチックのケースに入ったものがあります。 チューブの薬は、製薬会社にて製造されたままの薬ですが、後者はそのクリニックで何種類かの外用剤を混合したものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/31 16:57
「内蔵からくる皮膚病」って
■■ ダーマドローム?? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/28 14:20
皮膚科か肛門科か
今回は皮膚科と肛門科で迷う、お尻(肛門周囲)の症状についてです。 肛門科というのは若い女性でなくとも行きづらく、また、 皮膚科でお尻を見せるのも気が引ける・・・という方が多いですね。 ついついおっくうになるのもわかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/27 12:00
皮膚科か産婦人科か
皮膚科と産婦人科のどちらへ行ったら良いのか迷う症状があったら、あなたならどうしますか? どっちへ行ったら良いのかわからないから、とりあえず薬局で薬を買ってみる・・・という方もいらっしゃるかも知れません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/26 13:07
アレルギー検査に物申す
湿疹や蕁麻疹などで皮膚科にかかった時に、「(血液の)アレルギー検査」を受けたことがあるかたも多いでしょう。 ところが、『○○のアレルギーがある』、ということがわかっても、それが原因とはいえないのをご存知でしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/24 14:21
毎日消毒に来させる医者は良い先生?
ちょっとした小さな手術などは入院の必要がないので、外来のみで行い、帰宅できる場合がほとんどです。 ところで、手術後に毎日消毒に来させる先生と、そうしない先生と両方います。 どちらが正しいのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/24 08:56

続きを見る

トップへ

月別リンク

皮膚科クチコミアドバイス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる